第二保育園の一日

5歳児「みどり組」編みどり組の1日その1

 毎年、年長児がバケツ稲を育てているのを見てきたので、「ぼくたちもバケツ稲やりたい!」とやる気満々の子どもたちです。この日はプランターをみんなで運び、バケツ稲の準備完了!
 いざ土こねを始めると「いやー!」、「どろどろ」、「かたくてまざらない」と苦戦していましたが、コツをつかむと夢中でこねていました。「おいしいお米ができますように!」と言いながら土こねをする子どももいました。バケツ稲を通して育てる大変さを知り、食べものを大切にする気持ちが育っていくといいなと思っています。

みどり組の1日その2

 大きなたけのこをいただきました。たけのこを皆で囲み、匂いを嗅いだり皮をむいたりと貴重な体験をすることができました。
「くさい」、「なんかフワフワしてるね」と興味津々な子どもたち。転がるたけのこを押さえる子、皮をむく子「皮ばっかりだ」、「最初はかたいけど、クルクルってむけるね」と色々な発見をして大盛り上がりでした。
 そして、たけのこの絵を描いてみると…見て、触って、匂いを嗅いで、本物を味わったからこそ、しっかり特徴をとらえた絵が描けていました。

みどり組の1日その3

 手と足を使って考えながら登り棒や遊具に登っていきます。最初は「できるかな・・・」と不安で手も足もプルプル震えていましたが、何度も挑戦するうちに手足の連動や体をバランス良く使えるようになり、スイスイ登れるようになりました。広い場所では、やっぱり走りたい!友達を誘ってかけっこ大会が始まり、「せんせい、みててよー」とみんな真剣な顔で競争しています。一年を通して心も体も強く育つよう、走る・跳ぶ・ぶら下がる・投げるなど多くの動きを取り入れながら楽しく運動遊びをしていきたいと思います。

 

 

ページトップ