第二保育園の一日

0歳児「ひよこ組」編ひよこ組の1日その1

 入園当初はベビーベットで過ごしていた赤ちゃんたちもすっかり大きくなり、ハイハイやつかまり立ち、そして歩くようになりました。どんな場所にも両手でしっかりと握りつかまります。視界が広がり、初めてみる世界に興味津々。
 新しいものを発見した喜びを伝えるかのように「あー!」や「うー!」とお喋りの声が聞こえてきます。歩いて移動出来ることが嬉しく「こっちだよ」と声を掛けると両手でバランスをとり、よろけたりもしながら一生懸命に歩いてきてくれます。マットや坂など足元が不安定な場所にも挑戦!足の筋肉をしっかりと使い、支えながらも思ったままに体が動かせるという経験を積み、達成感を味わっています。

ひよこ組の1日その2

 4月に入園してからこれまで、保育士との一対一の関わりをたくさん経験してきた子どもたち。最近では身近な友達への興味がどんどん増してきています。友達の様子を観察して真似してみたり、小さな赤ちゃんの頭を撫でてみたりと、自分の周りにいる友達がとっても気になるよう様子。時には玩具の取り合いになって泣いてしまうこともあります 。
 こうした関わりも成長していく過程においても大切なことです。子どもたちの様子を温かく見守りながら、一緒に遊ぶ楽しさを知り、友達の喜びや悲しみに気付くことができる思いやりを育んでいきたいと思っています。

 

  

ページトップ