第二保育園の一日

2歳児「もも組」編もも組の1日その1

 音楽に合わせてワニやアヒル、カメなど身近な動物に「へーんしん!」這う、屈み歩き、走る、跳ぶ、片足立ち、柔軟運動など楽しく体を動かしています。体の色々な部位を使うことによって手足に力がつき、柔軟性やバランス感覚が養えます。「リズム体操するよ」と子ども達に声を掛けると「やったー」「たのしみだね」と色々な声が聞こえてきます。今では、腕の力がついてワニ歩きの速いこと、片足で立っていられる時間も長くなって、毎日の積み重ねを感じます。

もも組の1日その2

 大きなタライを用意して、水をはっていると部屋から興味津々に顔をのぞかせ期待いっぱいです。
 バケツやひしゃくですくっては流しを夢中で繰り返す子や、水しぶきがタライの外に飛び出るほど勢いよく手でバシャバシャする子など、自分で楽しみ方を見つけて遊んでいました。シャワーの雨の下へ入って「きゃー」「きもちいい」と大歓声をあげる子もいました。保育士が提供する遊びにも大喜びで、冷たい水の心地良さを感じながら、夏ならではの遊びを満喫しました。

 友達と関わる姿が多く見られるようになってきました。ごっこ遊びも上手になり、「ごはん、いただきまーす」、「あついからふーふーしてね」や「でんしゃがきまーす」など、それぞれの役になりきって遊んでいます。「あとでかしてね」、「まっててね」と言って玩具を貸し借りすることもできるようになってきました。
 保育士と一緒に遊びながら、自分の思いの伝え方や相手の気持ちを知り、友達と遊ぶ楽しさをたくさん味わえるようにしています。

  

ページトップ