もも組の1日その1

第二保育園の一日

2歳児「もも組」編

 戸外遊びでは、色々な運動遊具を組み合わせた技巧台遊びが大好きです。
細い平均台の上では両手を広げてバランスを取って落ちないように歩いたり、少し高い跳び箱からもジャンプ!バランス感覚や足の力がついてきました。
 両足を揃えて跳ぶ力もついた子どもたち。地面の上で大縄をヘビに見立てて揺らすと力一杯地面を蹴って縄を踏み越え、「もう一回やる!」「ヘビやってー!」と繰り返し楽しんでいます。

もも組の1日その2

 簡単なルールのある集団遊びができるようになりました。子どもたちが好きな遊びは、保育士がクマになって追いかける“むっくりくまさん”や“あぶくたった”そして“椅子取りゲーム”です。
「トントントン何の音?」や「ねぇねぇくまさん起ーきーてー」など言葉の掛け合いの中で、ちょっぴりドキドキしながら逃げるタイミングを伺う姿がとても可愛い子どもたち。外で遊んでいると自然に子ども同士で集まって皆でクマさんになったり、追いかけっこをして楽しむ様子も見られ、友だち同士の関わりも深まってきました。

もも組の1日その2

 以前どんぐりを拾ってきた時に興味を持っていたので、どんぐりの製作をしました。好きな色の折り紙を自分で選び、はさみでチョッキン!
 手先が器用になり、いろいろな経験をするなかで、はさみを持つ手、紙を持つ手が違う動きをしながら、頭で考えて製作あそびができるようになってきました。目の位置や口の位置を確認しながら色々な表情の可愛らしいどんぐりができあがりました。

  

ページトップ