第二保育園の一日

5歳児「みどり組」編もも組の1日その1

 戸外遊びの際には「なわとび持っていく」と意欲を持ち、「何回跳べた」と跳ぶ回数が増えていくことで自信に繋がり、一人で跳ぶことからみんなで大縄を跳ぶ遊びへと挑戦しています。
 初めはリズムよく回る縄の中に入ろうとするとひっかかったりしていましたが、何度も挑戦してできるようになりました。一人で跳ぶよりも皆で跳ぶ方が楽しさは倍増です!

もも組の1日その2

 空き箱や空き容器、カップ類トイレットペーパーの芯、毛糸など色々な素材を用意すると、その素材からイメージした物を友だちと“こんなのはどう?”と話し合い、“いいね、一緒に作ろう”と製作の場が広がっていきました。作ったものが増えると、“おみせにしよう”“じゃあお金がいる”“ピッとするのがいる”と作りたいものが広がります。役割を決めたり、売場を作ったりしてみんなでお店屋さんごっこを楽しみました。

 

もも組の1日その2

 高齢者施設を定期的に訪問し、お年寄りと歌をうたったり、楽器を演奏したり一緒に触れ合い遊びをしています。自分のできることを“こうするんだよ”と得意そうに見せたり、反対にやってもらったり温かい時間が流れていきます。何をしても大きな拍手で褒めてくださるので、子どもたちも毎回楽しみにしています。
 地域交流、世代間交流を通してお年寄りに親しみを感じたり、感謝の気持ちが持てる子どもたちに育ってほしいと願っています。

 

ページトップ