第二保育園の一日

3歳児「あお組」編あお組の1日その1

 様々な運動遊具を用意すると、「やってみたい!」と集まってきます。
☆平均台…補助がなくてもスイスイと渡り、バランス感覚バッチリです。
☆跳び箱…登るのが精一杯だったけど、今では手をついて跳びあがり、跳び箱の上で正座や
     カエルのポーズを取り得意満面です。
☆ボール…上に投げて取ったり、保育士とのキャッチボールをしてきました。キャッチで
     きた時の嬉しそうな表情は何とも言えません。
これからもチャレンジする心を大切に楽しく体を動かしていけるような運動遊びをしていきます。

あお組の1日その2

 「何か作ってみよう」と折り紙や紙を取り出して自分たちで作る姿が見られます。
☆や〇、❤を書いた画用紙を用意すると、ハサミでチョキチョキ!
最初はなかなか線の上を切ることができませんでしたが、“もう一回やりたい”と何度も挑戦する度に少しずつ上手になってきました。切り終わると、保育士に自慢したり、まじまじと見たりしてご満悦の表情です。
なんとなく形を切ったり、テープで貼ったりしていましたが、どんどん経験することで、想像力が
大爆発! 「今○○作ってるー」とイメージしながら旗や釣りざおを作ったり、望遠鏡や魔法のステッキなど少しのヒントからオリジナルな物を作れるようになってきました。
作ることで自分なりに表現する楽しさや嬉しさを知った子ども達は、これからも色々な物を作ってくれるのではないかと楽しみです!

  

ページトップ