第二保育園の一日

1歳児「あか組」編あか組の1日その1

 友達や保育士と手を繋いで歩いたり、乳母車に乗って散歩に出掛けました。靴下や靴、帽子の身支度が自分で出来るようになってきたので、大喜びで進んで準備をします。よちよち歩きだった以前に比べ、様々な運動遊びを通して体を動かしてきたことにより足取りは随分しっかりして歩くことが大好きになりました。

あか組の1日その2

 保育園の隣にあるなかよし公園に遊びに行きました。握る力と登る力がついてきた子どもたち。力強くジャングルジムや滑り台の手すりを握り、登っていきます。秋になり、公園の木にはたくさんの赤い実が実っています。落ちていた赤い実を拾い集めては、砂で作ったプリンにトッピングして楽しんでいました。おいしそうなプリンの出来上がりです。保育士が落ち葉を上からひらひらと落とすと歓声をあげ、キャッチしようとする姿もあり、秋の自然に触れ十分に楽しむことができました。

あか組の1日その2

 なぐり描きが大好きなあか組さん。紙とクレパスを出すと“待ってました”と机の周りに集まってきます。椅子に座り、お待ちかねのお絵かきタイム。以前は線しか描けなかった子も、ぐるぐる円を描くことが出来るようになりました。クレパスを握れなかった子もしっかりと握りダイナミックに描いています。「あか~!」「あおー!」と覚えた色の名前を言いながら、様々な色のクレパスに持ち替え、素敵な絵が完成しました。

 

  

ページトップ