第二保育園の一日

0歳児「ひよこ組」編ひよこ組の1日その1

 広々としたスペースで自由に遊べるコーナーを作りました。落ち着いて遊べる部屋には、ままごとコーナーや絵本コーナーがあります。体を動かす部屋には畳を使った手作りのすべり台や、ボールプールがあります。
 ままごとではチェーンやお手玉等を食べ物に見立て「はい、どうぞ」「いただきます」と保育士や友達と遊べるようになりました。子ども達の主体性が育つように自分で好きな遊びを見つけ、その場で楽しめるようにし、心も体もリラックスして遊んでいます。

ひよこ組の1日その2

 離乳食の初期から始まった食事も今では完了食になり、スプーンやフォークを持ち、こぼしながらも自分で食べることが出来るようになりました。おかわりが欲しい時は「ちょ~だい」と両手を差し出す子ども達です。手や指を自分で上手に使えるようになり、保育士がみかんの皮をむいていると「僕もやってみよう!」と皮をむいている子ども達の姿は真剣そのもの。自分でむいたみかんを嬉しそうに食べ、満足感一杯の表情になりました。

ひよこ組の1日その2

 音楽がかかると、“わぁ~い”とわくわく動き出すひよこさん。リズムをとって踊る姿は可愛らしい限りです。手足を使ってうさぎになって跳んだり、メダカになって走ったり、どんぐりになり転がったりと様々な動きが出来るようになってきました。音と体の動きを組み合わせながら、表現力や運動能力を高めていくようにしています。

  

ページトップ