第二保育園の一日

5歳児「みどり組」編もも組の1日その1

 ホームページ春編で紹介したバケツ稲作、やっと収穫できました。毎日「大きくなあれ」と声かけながら草取りする中で気づきました。“バケツの置き場所で育ちが違う?”子どもたちとなんでだろうと考え、観察時間を変えてみると…お日様の当たる時間じゃないかなあと意見が出てバケツの場所を変えました。

 生長の過程で小さな発見や疑問を大切にし、子どもたちが自分で考えたり、調べたりできるように関わってきました。去年みどりさんの姿を見てたけど、やってみたら大変だったーと実感した子どもたち。
 このホームページが届く頃は育てたお米の味を堪能してるかな。

もも組の1日その2

 秋の遠足はお弁当持って徒歩遠足、ノリタケの森へ出かけました。途中桜木公園に寄り道すると、築山や雲梯と園にはない遊具に果敢にチャレンジし、全員でドロケイをして走り回り、お腹ペコペコでノリタケの森に到着。お家の方が作ってくださったお弁当は、何倍も美味しく、あっという間に完食でした。
 葉っぱを拾って図鑑で比べたり、どんぐりを拾ったりと秋の自然にも親しんで、クラスの仲間としての絆が深まった一日でした。

ページトップ