第二保育園の一日

1歳児「あか組」編あか組の1日その1

 色々な物を何かに見立てて遊ぶことが楽しいあかさん。保育士が牛乳パックでカラーボックスや椅子を作ると、家になったり、車になったり、橋になったり、次々と色々なものに変身します。それを見て「自分もやりたい!」と輪ができ、友達と一緒に遊ぶ楽しさを実感していきます。

 縦に積んで身体測定、新聞バチで「ドーン、ドーンたいこ」と演奏するなど「友達と一緒」がさらにイメージを豊かにします。また、牛乳パックの椅子は、ままごとに最適です。テーブルを置くと、さっそくごちそうをたくさん並べて「どうぞ」「いただきます」と言葉のやりとりを楽しんでいます。

あか組の1日その2

 自分の体より大きな新聞紙。「やぶる」「ちぎる」「まるめる」などが楽しめ、指先の運動機能を伸ばします。新聞紙は向きによって破れやすさが違います。横に力一杯引っ張って破れず、顔を真っ赤にしてた子が、向きを変えて破れた時の表情は驚きと感動に包まれ、キラキラ輝いていました。

 手の動かし方、指でつまむなど、自分で獲得した力を大いに使ってびりびり破りを堪能しました。他にも帽子やエプロンにして身につけたり、ちぎったものを雪にして降らせたりと身近にある新聞紙がいろいろな遊びに発展しました。

 

  

ページトップ