第二保育園の一日

1歳児「あか組」編

11月のとりくみ 絵本「さつまのおいも」から

年齢に合った絵本、季節感あふれる絵本を毎日読み聞かせしています。
秋、子どもたちは『さつまのおいも』の絵本に出会い、さつま芋が体操したり、ご飯を食べる場面に夢中になりました。絵本の音楽CDやペープサートも用意すると、お芋が一大ブームになりました。

あか組の1日その1

そこで、芋を作り、いも掘りごっこができるように環境設定しました。絵本で十分親しんでいるので大喜びです。運動会の競技にも取り入れました。室内遊びでも「おいも掘りやりたい」の声に応え何度もいも掘りを楽しみました。

あか組の1日その2

いも掘りに十分満足できたら、やっぱり次は焼き芋パーティー。子どもたちに呼びかけ、やってみせるとみんな真剣な表情で見ていました。
皮を破って中から黄色の芋が出てきた時の子どもたちの表情は目が輝いて芋の世界に入り込んでいました。指先の機能の発達を図るために新聞遊びやシール貼りなど子どもたちの興味がある遊びを取り入れてきたのでどの子もとても上手でした。これからも遊びの中の育ちを大切にし、様々な遊びを提供していきたいと考えています。

あか組の1日その3

  

ページトップ