第二保育園の一日

1歳児「あか組」編あか組の1日その1

 戸外でも室内でも体を動かして遊ぶことが大好きな子どもたち。歩行がしっかりし、平均台を渡ってジャンプしたり、マットと跳び箱で作った山をよじ登ったり、全身を使った遊びが楽しめるようになってきました。プラカーに乗って地面を蹴って進むことで足の力もどんどん強くなっています。運動遊具を使った遊びは「できるかな?」「やってみたいな」という期待やドキドキ感に共感したり、「楽しい!」「できた!」という気持ちを受け止めていくことで、好奇心や関心を深めていけるようにしています。

 

あか組の1日その2

 「今日のごはん何かな?」と楽しみにしながら保育士と一緒に手を洗ったりエプロンをつけ準備をしています。まだ手づかみになってしまうこともありますが、こぼしながらもスプーンやフォークを使って口まで運べるようになってきました。苦手な物でも保育士がそばについて優しく声をかけることにより、自分で食べてみようかなという気持ちになり、つまんで口に入れようとする姿も見られます。好きな物をいっぱい食べて心も体も満足。「おいしいね」の言葉掛けに思わず笑顔になる子どもたちです。

 

  

ページトップ