第二保育園の一日

5歳児「みどり組」編もも組の1日その1


 運動会の組体操に向け、またドッジボールで強いボールを投げることができるよう、腕の力がつく運動遊びに取り組んでいます。手足を伸ばして四つん這いになってのライオン歩き、ベンチに足をかけての横移動、足を使わずに前進するオットセイ歩き。「むずかしいよー」「つかれちゃう」と初めのうちはなかなかできなかった子どもたちでしたが、毎日の積み重ねで今ではすいすい進めるようになりました。まさに『継続は力なり』。できるようになることが嬉しく、ますます張り切っています。

 

もも組の1日その2

 今年も年長組だけの特別行事『お楽しみ会』を実施しました。子どもたちが一番楽しみにしていたイベントが、5つのミッションをクリアし、パズルのピースを手に入れ、宝が隠れている場所を見つけるという宝探し。ミッションの内容はみんなで相談して決めました。何度も話し合いながら、ミッションに必要な道具や看板も自分達で準備しました。当日はチームで行動し、協力し合いながら次々にクリア。最後のお化け屋敷では「こわいよー」と泣きべそ顔の子も…。それでも最後までやり遂げ、見事に宝物をゲットし、「やったぁ!」と大歓声。力を合わせることの大切さを知り、やり遂げた達成感を味わい、子ども達の顔は輝いていました。

もも組の1日その2

 色水遊びやにじみ絵で色の不思議を楽しんだ経験を活かし、みんなで染めTシャツを作ることになりました。渦巻き状にしたTシャツを輪ゴムで止めて固着剤に浸した後、6色の染料をかけていきます。「きいろとあおのあいだがみどりになった」「あかとあおもまざるときれいだよ」と友達と話しながら嬉しそう。少しずつ慎重にかけていく子、ダイナミックにたっぷりかける子と、それぞれの性格も見られる楽しい作業でした。二日ほど置いておき、いよいよ染料を洗い流してTシャツを広げてみると、「すごーい!くるくるもようだ!」「きれいないろになってる!」と大興奮!世界に1枚の自分だけのTシャツに嬉しそうな表情を見せてくれました。

 

 

ページトップ