第二保育園の一日

3歳児「あお組」編あお組の1日その1

 保育室に飾ってあるアジサイの鉢を見ながら折り紙でアジサイを作りました。アジサイの繊細な色を表現するのに『にじみ絵』をやってみようと提案してみると、「どうやるの?」「やってみたーい!」と積極的な子どもたち。にじみ絵は、水性ペンで描いたあとを綿棒で紙がやぶれないようにそっとにじませていきます。にじんで行く様子を「きれい!」「すご~い!!」と驚きの声が聞かれました。

あお組の1日その2

 ままごとなどでイメージを友達と共有できるようになってきた事により、今まで以上に友達との関わりが増えてきました。友達を誘って玩具で遊んだり、椅子取りゲームやいろいろバスケットなどの集団遊びをリクエストして遊んだりと子どもたちの気持ちの成長を感じます。また、物の貸し借りも「あとすこししたらかわるね」「かしてくれてありがとう」など気持ちを言葉にしてやり取りする場面も増えてきています。

あお組の1日その2

 様々な遊具を使って運動遊びを楽しんでいます。体育教室で経験した鉄棒でぶら下がりながら、足で拍手をする技などいろいろな遊び方を試しています。
 雨の日には、ホールに行って保育室では遊べないカラーボックスや平均台などの運動器具を子ども達とどんな組み合わせなら面白くなるかを話し合い、違いや変化をつけてダイナミックに体を動かしています。他にも、リトミック遊びも人気で、流れる曲に合わせてどんぐりやトンボなどに変身しながら、丈夫な体作りや、転んだ時に咄嗟に手がつける瞬発力など培っています。

 

  

ページトップ