第二保育園の一日

1歳児「あか組」編あか組の1日その1

 日差しが強い日の園庭にゾウのスプリンクラーを出すと「ゾウさんだ~!」と興味津々で集まってきました。保育士が蛇口をひねると「んん?きゃっ!」「つめたーい!」と勢いよく噴き出す水の気持ち良さに大喜びです。たらいの中の水をスコップでかき混ぜる子や泥遊びを楽しむ子、ジョウロやホースから出た水を嬉しそうに触りに来る子など水に触れることが大好きです。氷遊びではハートや星の形の氷を手の平にのせてひんやりとした感触を味わう姿や大きな丸い氷や氷の中に入っているスコップの登場に大興奮する姿も!友達や先生と一緒に夏ならではの遊びを楽しんでいます。

 

あか組の1日その2

 肋木やバランス遊具を用意すると「やったー!すべりだいだ~」と言って目をキラキラと輝かせて集まってきます。肋木は、始めははしごをおそるおそる登ってみたり橋にお尻をつけて進む子もいましたが、何度か経験していくうちに手と足を交互に出し、上手に登れるようになってきました。滑り台まで到着するとにっこりと笑い、嬉しそうな表情で滑ってきます。

 バランス遊具では「おっとっと~」と言いながら楽しそうにバランスを取ろうとしています。上手く立てずしゃがみ込む子もいましたが、保育士に手を繋いでもらい、「大丈夫だよ」と声をかけてもらうと安心して一歩ずつ渡ってみようとする姿が見られました。「できたね」「すごいね」と自信に繋がるような声掛けをしていきながら運動遊びを楽しんでいます。

 

 

 

  

ページトップ