第二保育園の一日

1歳児「あか組」編あか組の1日その1

 「いっちに、いっちに」「がーんばれ!がーんばれ!」と友達を励ましながら階段を登ると3階のホールに到着。思いきり体を動かして遊べるよう運動器具を用意すると「わあ!楽しそう!」「やったあ!」と大歓声をあげて遊び始めます。鉄棒では「ぶーらん、ぶらん♪」とぶら下がって楽しむ姿が可愛いです。トランポリンでは足腰がしっかりしてきて連続でジャンプできるようになり、友達や保育士と嬉しそうに飛び跳ねる子や座って揺れを楽しむ子の姿が見られます。また、跳び箱とマットでできた山では最初は登ろうとしなかった子も「せんせい、みててね」と声をかけ保育士に見守られ安心すると「よいしょ…!できたよ!」と自分で乗り越え達成感を味わっていました。運動遊びを楽しみながら健康な体を育むと共に「先生に見守られると安心できる、嬉しい」という保育士との愛着関係や信頼関係も築かれていきます。

 

あか組の1日その2

 色々な正月遊びを楽しみました。だるまさんの絵本が大好きな子どもたちは「だーるまさん♪にらめっこしましょ♪」と歌を歌いながらいつも楽しく見ています。だるまの福笑いを見せると「だるまさんだー!」と大興奮していました。他にも動物の福笑いにも挑戦!!友達の福笑いを見たり、置きなおしたりしながら繰り返し楽しんでいました。
 ビニール袋にシール貼りやお絵描きをした自分だけの凧を作りました。それを持って走り回ったり、旗に見立てて振ったりして大喜びでした。
 保育士が回す駒を見て興味津々に集まり真似をして回そうとする姿も見られました。たくさんのことに興味を持ち、“なんでもやってみたい”気持ちがいっぱいです。これからも季節の遊びや伝統遊びを取り入れていきたいと思います。

 

  

ページトップ