第二保育園の一日

2歳児「もも組」編もも組の1日その1

 「今日も水遊びしようね」と大好きな水遊びが出来るのを毎日楽しみにしています。初めのうちはバケツに水を入れて外に流したり、バシャバシャと水を叩いてしぶきがかかるのを楽しんでいた子どもたち。毎日遊ぶ中で少しずつ楽しみ方も変化してきました。おままごとのチェーンをカップに入れて「そうめんです」と持ってきてくれたことから流しそうめんごっこをしよう!と牛乳パックをつなげて上から水でチェーンや氷などを流して流しそうめんパーティーもしました。「次は何が流れてくるかな?」「そうめんとれたよー!」と大盛り上がりでした。また、氷や水風船などでアイス屋さんをしたり、水鉄砲を上手に使い的当てをしたり、魚すくいをしたりと保育士や友達と水遊びを満喫しています。

 

もも組の1日その2

 手指を器用に使えるようになってきて、洗濯バサミの玩具で集中して遊べるようになりました。長く繋げてみたり上へ高くしたり、カップにたくさん付けてケーキを作ったり。「みてみてトンボだよ」などと作ったものを嬉しそうに見せてくれます。
 絵の具遊びでは、筆を使ってみました。クレヨンとはまた違った描き心地で絵の具が筆でのびていく様子を楽しんだりダイナミックに塗ってみたり。画用紙だけでなく、でこぼこした段ボール、ザラザラした紙皿など様々な素材にも描いて「ぼこぼこしてるね」「青がいっぱいになったね」と大喜びです。夢中になって塗ったり絵の具が混ざりあう様子に驚き、目をキラキラさせながら遊ぶ姿に感性が育っていることが感じられました。

もも組の1日その2

 ピアノの音に合わせて、カメやアヒル、ワニ、ドングリなど身近な物になってリズム遊びを楽しんでいます。跳ぶ、這う、走って止まる、しゃがんで歩く、片足をあげて立つなど全身を使って遊ぶことでバランス感覚や腕や足の力が育っていきます。
 子どもたちも少しずつどの曲がどのような動きをするかという事が分かるようになってきました。「うさぎやりたい!」「カメさんできたよ」と体を思いきり動かす楽しさを味わっています。

  

ページトップ