第二保育園の一日

4歳児「き組」編

き組の1日その1

 今月は食育の取り組みでとうもろこしの皮むきをしました。自分達でエプロンや三角巾を身に付け、準備オッケー!「始めにとうもろこしのひげのある方をしっかり持って一枚一枚服を脱がすんだよ」と説明をしました。早速やってみると、「あれ?まだ服着てる!」「何枚着てるの?」と不思議がる子もいましたが、だんだん粒が見えてくると「やったー出てきた!」と目を輝かせ大喜びの子ども達でした。匂いを嗅いだり、粒の感触に触れたり、友達ととうもろこしの背くらべをしたりして、とっても楽しそうでした。とうもろこしは、調理員さんに茹でてもらい、みんなで美味しくいただきました。味はもちろん、最高でした!!

き組の1日その2

 晴れた日には「プールある?」とプールバックを手に楽しみに登園してくる子ども達。「プール入るよ」と伝えるといつもより張り切って玩具を片付け、着替えをします。プールの中に入ると「冷たーい!」「気持ちいいね!」と大はしゃぎです。友達と一緒に浮き輪やビート板で浮いたり泳いだり、ボールを拾い玉入れ競争をしたりして楽しんでいます。いろいろな遊びをすることで少しずつ水に慣れ、バタ足をしたり少しくらい顔に水がかかってもへっちゃらになりました。プールが始まって1ヶ月、遊び方がだんだんダイナミックになってきて、元気いっぱい勢いよく水の中に入って楽しんでいる子ども達です。水遊びを通して身も心も一回り大きく成長しました。

き組の1日その2

 苗を買いに行くことから取り組み始めた夏野菜たち。水やりを交代でしたり、小さな実が出来ると友達と教えあったりしながら観察し、生長を楽しみにしてきました。だんだん大きくなって色付いてくると「もうそろそろとれるかな?」「もう食べられるの?」「もうちょっとじゃない?」とにぎやかな会話が聞こえてきました。
 いよいよ収穫の日!「自分でとっていいの?」「わーおっきい!」「におい嗅いでみよ!」と大盛り上がり。
 収穫したナスやミニトマト、ピーマンを調理員さんの所へ届け、美味しく調理してもらいました。すると、「ほんとはピーマン苦手だけど食べてみよ」「あれ?おいしい!」「ちょこっとだけ食べられた!」などなど、自分達で育てた野菜だからこそ苦手な野菜にも興味を持ち、食べられる良い機会となりました。

 


  

ページトップ
平成29年春