第二保育園の一日

2歳児「もも組」編もも組の1日その1

 戸外ではもちろん、室内やホールでも十分に体を動かして運動遊びを行っています。
肋木や平均台でははじめのうちは両手を広げて慎重に渡っていましたが、登り方やバランスの取り方が分かると「先生見てみて!」と得意気に見せてくれます。「○○ちゃん頑張って~!」と応援する余裕まで!
 トランポリンでは、少しずつジャンプにのリズムの取り方が身につき、友達とリズムを合わせ「もう一回!」「もっともっと!」と体を動かすことを楽しんでいます。

 

もも組の1日その2

 園庭に出るとプランターに集まる子ども達。お目当ては草陰に隠れている小さな虫たちです。「みて!てんとうむし!」「こっちにありさんいるよ!」と友達と一緒に虫探しを楽しんでいます。そして、園庭で見つけた生き物を虫かごに入れて観察を始めると「なになに?」と興味津々で集まってきます。テントウムシが虫かごの中を上がるのをじーっと見つめる子、ダンゴムシが丸くなるのを楽しみに待つ子、チョロチョロと動き回るイモリの動きを楽しむ子などそれぞれの感性で生き物への興味を育み、自然に触れる楽しさを味わっています。

もも組の1日その2

 もも組になると朝の支度や簡単な身の回りの事を自分でやろうとしています。指先を器用に使って手拭きタオルを洗濯バサミで挟むことができるようになりました。衣類の着脱や手洗いの時に袖をめくり、手を洗っています。保育士に見守られながら、一人で出来た喜びを「せんせいみて~」「できたよ!」と話ししてくれたり、とびきりの笑顔を見せてくれる子ども達の姿があります。

  

ページトップ