第一保育園の一日

5歳児「みどり組」編 みどり組の1日その1

 「1人1バケツ」に田植えをし、大切に育てているバケツ稲活動。この日はみんなで観察をしました。「え~こんなに大きかったっけ?」「これって何だろう?小さいのがフワフワしてる!」と稲の生長やバケツの中の生き物に興味津々で、その感動を友達と共有していきました。これからも毎日観察やお世話を続け、植物の生長を見守る中で「食」に対して感謝の気持ちが育つことを大切にしていきます。

みどり組の1日その2

 菓子の空き箱、ペットボトルのフタ、牛乳パック等、不要になった物で工作を楽しみました。「テープをつけてみたけどうまくできないなぁ」「もっと大きいテープにしたらどうかな?」と失敗を重ね、友達と一緒に工夫しながら進めていく姿が頼もしくいきいきとしていました。自分で考え友達と協力しながら取り組む力が育ってきていると感じます。

みどり組の1日その2

 7月中旬から8月末まで天気のいい日は毎日プール遊びを楽しみました。始めは、水に顔をつけられなかった子がつけられるようになり、「先生見て!ブクブクができたよ!」と毎日の遊びの中で楽しみながら自信をつけてきました。グループ対抗の「ボート競走」や水に沈んでいる宝を潜って拾う「宝探し」などをする中でダイナミックに伸び伸びと体を動かして遊ぶことができました。

みどり組の1日その2

 季節ごとに様々な製作を楽しんでいます。年長組で近所を練り歩くみこし祭りに向けて、おみこし作りをしました。色合いや塗る場所など子ども同士で声を掛け合い、相談しながら進めていきました。筆使いを意識しながら塗り残しがないように気を付けながら取り組む姿はさすが年長組です。自分たちの思いがたくさん詰まったおみこしを作り、大満足です。

 

ページトップ