第一保育園の一日

4歳児「き組」編 き組の1日その1

 夏のプールで体も心も一回り大きくなった子ども達は、トラックや様々な運動用具を用意すると、“やりたい”と意欲的で、保育士や友達と一緒に体を動かして楽しんでいます。中でも、秋の大イベントである運動会で行った“かけっこ”や“玉入れ”が大人気!「どうしたら玉がかごの中に入れられるかな?」と相手チームを観察したり、年長児にコツを聞いたりして繰り返し挑戦していると、自分の力をコントロールすることが出来るようになり、かごの中に入ると大喜びでした。
 これからもチャレンジする気持ちを大切にしながら、“運動大好き”ともっと感じられるように運動遊びをしていきたいと思います。

き組の1日その2

 初夏に植えたさつま芋がついに収穫の時を迎えました。「お芋出来ているかな~」と、期待いっぱいにみんなで長いツルを引っ張ると、“すっぽーん”とお芋が出てきました!「すごーい!」と目を輝かせて、触ったり匂いを嗅いだりした子ども達。「もっと奥にもあるかもしれないよ!」と保育士や友達と協力してプランターの隅々まで探してみると、次から次へと大きなお芋がごろごろ…。予想以上の豊作で子ども達の喜びの声が園庭中に響き渡っていました!!
 収穫後はエプロンをつけてのクッキング!収穫を喜び合い、「おいしいね」と満足そうな表情をしてぺろりと完食していました。
 夏野菜やさつま芋を育て、野菜に興味を持つ子が増え、今まで苦手だった物も食べてみようかなという気持ちが芽生えてきました。食育活動を通して、様々な食べ物を知り、好きになってくれたら良いなと思っています。

  

ページトップ