第一保育園の一日

3歳児「あお組」編

あお組の1日その1

 年中組で育てたサツマイモのお芋掘りを一緒に手伝いました。「うんとこしょ、どっこいしょ!」とみんなで力を合わせると、なが~いツルの先には、まるまると太ったサツマイモが出てきました!!子ども達も「わーっ、すごーい!」とびっくり。大きなお芋を触ったり、まだ土の中にあるかなと探したりと好奇心いっぱいでした。お芋はもちろんのこと、土や葉っぱやつるを触ったり匂いを嗅いだりすることで自然を満喫することができました。

 

あお組の1日その2

 遠足に行ってきました。リュックを背負って水筒を持って「行ってきまーす!」。リュックの中身は?お弁当にお・や・つ!!ちょっと重いけど頑張って歩いて公園に到着しました。
 公園にはドングリがいーっぱい落ちていたのでみんなでドングリ拾いをしました。「ちいさいね」「こっちきてー」と楽しいやり取りが聞かれ、ドングリ拾いに夢中でした。その後は、待ちに待ったお弁当&おやつタイム。保護者が気持ちを込めて作ってくれたお弁当、どれも美味しそうでした。いっぱい遊んでお腹もいっぱい。帰りはお疲れでふらふらでしたが、無事園に戻ることができ、体力がついてきたと感じました。

あお組の1日その2

 いろいろな楽器に触れて遊びました。持ち方など難しそうでしたが、一人ずつ丁寧に知らせていくことで、少しずつ上手に持つことができるようになりました。
 簡単なリズムで演奏すると、いろいろな音がして子どもたちもノリノリで奏でていました。演奏が終わると、興味を持ったようで「次トライアングルにするー!」部屋の中では楽しい音が響き渡っていました。これからも保育士と一緒に遊びながら楽器の楽しさを伝えていきたいです。

  

ページトップ