第一保育園の一日

2歳児「もも組」編 もも組の1日その1

 保育士がシャボン玉の準備を始めると「シャボン玉するの?」と期待を膨らませる子どもたち。風に乗ってふわふわと飛んでいくシャボン玉のようすを、子ども達は目を輝かせて見つめ、触ろうと手を伸ばしていました。
 シャボン玉を追いかけて走ったり、ジャンプしたり、手を広げてつかんだりと元気いっぱい動いてのびのびと遊びを楽しんでいます。

もも組の1日その2

 夏ならではの遊びをたくさん楽しみました。カップに水を入れて凍らせた氷で遊び、感触を楽しんだりつるつると滑ることに気づき机の上を滑らせてみたり、遊び方を考えだして楽しんでいました。
 水遊びでは友だちと水を掛け合ったり、じょうろやひしゃくで水をくむことを楽しんだりして水の気持ちよさを感じながらダイナミックに遊びました。
 本物のセミに興味津々で、セミのようすをじっと見て観察していました。生き物に触れてさまざまなことを感じていた子どもたちでした。

  

ページトップ