第一保育園の一日

2歳児「もも組」編 もも組の1日その1

 寒くても子どもたちは元気いっぱい。友だちを誘って追いかけっこをしたり、体を動かしたりして遊ぶことを楽しんでいます。
 お部屋では動物の真似をして、楽しみながら全身の運動機能の発達を促す遊びを取り入れています。毎日行うことで、足腰も少しずつ強くなってきています。転んだ時も、反射的に手がつけるようになってきました。春にはできなかった大型遊具のクライミングも、自分ですいすいと登れる子も増えてきました。

もも組の1日その2

 雪が降った日に、部屋に雪を持ってきて雪遊びをしました。雪の感触や冷たさを感じたり、溶けてしまうことに驚いたり様々な発見をした子どもたちでした。
 雪遊びをした後に、雪の絵を描きました。黒い画用紙を用意すると、いつもは見えない白いクレパスで描いた絵が見えるようになり、子どもたちは大喜びでした。丸をたくさん描き、「雪だるま描けた」と思い思いに絵を描いていました。冬の自然を通して、様々な体験することができました。

  

ページトップ