第一保育園の一日

4歳児「き組」編 き組の1日その1

 き組最後の食育活動“茶巾絞り”。決められた分量ですが、その中で子どもたちが工夫をして、大きいものを一つ作ってみたり、小さいものを沢山作ってみたり、友だちと話をしながら楽しい雰囲気の中で行えていたように思います。これまでの食育活動を通して、発見を楽しんだり、考えたりし、様々な食材に触れてきました。自分たちで作る楽しさ・大変さを感じ、感謝の気持ちを持って食育活動に取り組めたように思います。次回は2月に行います。

き組の1日その2

 11月から食育活動の一環として、食事・おやつの配膳を子どもたちが行っています。食事の準備から後片付けまで自らかかわり、配膳方法を考えたり、それを生活の一部に取り入れたりすることが出来るようにしています。“お皿は両手で持つ”“爪を短くする”などの、安全面・衛生面についての約束を守り、毎日、「今日はだれがお当番やるの?」と配膳当番を楽しみにしている子どもたちです。

き組の1日その2

 子どもたちと、ノリタケの森へ散歩に出かけました。その施設には沢山の自然があり、芝生広場では、子どもたちも着いたとたん思わず走りだしました。いったん体を動かし終えると、芝生に寝転がってみたり、落ち葉やどんぐりを拾ったりそれぞれの遊びを見つけ楽しみました。ビニールに入れて持ち帰った落ち葉やどんぐりを使って、おままごとをしたり製作遊びでいろいろな形を作ったりして遊びました。

  

ページトップ