第一保育園の一日

5歳児「みどり組」編

春から継続して取り組んできたバケツ稲。最後は自分で育ててきたものを食するという貴重な体験ができました。他にも食育の一環として、月に一度クッキングを行っています。ギ ョーザの皮でのピザ作りや包丁を使っての調理など楽しく取り組みました。簡単な調理ですが、子どもたちは真剣そのもの、クッキングには苦手な食べ物でもパクリと食べられる不思議な力があるんですよ。

もも組の1日その1

公園では自然の中ならではの様々な発見をしたり五感を使っていろいろなことを吸収していますね。そのあとは広い公園を思い切り走り回り、しっかりと体を動かし遊びました。帰り道では「もうあるけ~ん」「おなかすいた~」と言っていたこどもたち。昼食後の第一声は「ドッジボールしたーい!」ですって。疲れを知らないこどもたちでした。

もも組の1日その2

ページトップ