第一保育園の一日

3歳児「あお組」編

あお組の1日その1

 園庭の花壇やプランターで虫探しをすることが大好きな子どもたち。春にはダンゴムシ、アリ、コガネムシ等を捕まえて、保育室でえさをあげたり、観察してきました。この夏は、せみ、カブトムシ、トンボなどにも触れることができ、虫に詳しい子ども達です。「ミンミンっていうのはミンミンゼミなんだよ!」「つのがあるのはオスのカブトムシだね!」と図鑑を見ながら会話が弾みます。「カエル1ぴきだから、さみしそう。」「おうちにかえりたいかな。」と生き物を通し、相手の気持ちを考えることができる、優しい心も芽生えてきました。豊かな経験をした後の室内遊びでは、トイレットペーパーの芯など使って自分の好きな昆虫を作りだし、大きな段ボールを木に見立てて飾っていました。日に日に手作り昆虫が増えて子ども達の思いがいっぱいの“木”になりました。

 

 

あお組の1日その2

 たらいに水をくんで遊んでいると思ったら、みるみる泥あそびになっていく子ども達。「ああしよう」「こうしよう」と誰かのアイディアをみんなが「そうだね」となってダイナミックになっていきました。室内ではペットボトルや透明コップで色水遊び、ペットボトルにキラキラテープを入れてセンサリーボトルを作った時には、そのきれいさに感動していました。夏にしかできない体験をし、様々な感触を味わい遊びを広げる楽しさが広がりました。

 

 

 

  

ページトップ