第一保育園の一日

1歳児「あか組」編 あか組の1日その1

 外で保育士が何やら準備をしていると、「なにしてるんだろう?」と子ども達が集まってきました。
 たくさんの水風船を膨らませて、ボチャボチャと落ちる音に驚いたり、水風船に触って投げたり、にぎって水が出るのを喜んだり、割れてビックリ!!など色々な姿を見せてくれました。
 室内でもタライの中に、おもちゃの入った氷を入れると興味津々!氷を取ろうとして、その冷たさに驚いたり、不思議そうにしていました。
涼を感じられる遊びをみんなと楽しんでいた子ども達でした。

 

 

あか組の1日その2

 今年は雨が多く、室内で過ごす日が続きましたが、外で遊べなくても色々な遊びを楽しむことが出来ました。
 ビニールテープを床や壁に貼ってはがしたり、クレヨンを一本器用に持ってぐるぐるおえかきしたり、「どこにはろうかな」「なにをかこうかな」と大喜びで飽きることなく遊んでいました。最近では見立て遊びも出来るようになり、人形をお世話をする可愛らしい姿もあちらこちらで見られるようになってきました。
 これからも子ども達一人一人のつぶやきや思いを丁寧に受け止め、一緒に楽しめるようにしていけたらと思います。

 

  

ページトップ