第一保育園の一日

4歳児「き組」編 き組の1日その1

 春、いろいろな虫たちが園庭に集まってくるようになり、虫探しが始まりました。めざすはダンゴ虫「はっぱのしたに、いるかな?」と探していると…「いた!」いつの間にか、カップや手の中にダンゴ虫がいっぱいです。「おおきいのみつけたよ」「手の上でうごいているよ」と観察しています。またチョウを見つけると、大喜びで追いかけています。捕まえてかごの中に入れると、「みせて、みせて」と集まってきて、友達と「羽がきれいだね」と話したり、お部屋に戻り図鑑を見て「このちょうちょにそっくりだね」と調べたりして確かめ合っています。これからも身近な生き物を観察して、発見や驚きを共感していきたいと思います。

き組の1日その2

 製作コーナーにはいろいろな種類の紙、ストロー、水性ペン、シール、紙コップ等準備してあります。登園すると、早速好きな素材を選んで製作開始!いつでも製作コーナーは大賑わいです。
 ある日、一人が折り紙で作ったチューリップにストローをテープでつけて茎にすると、「いいね」と次々みんなが作り出し、魔法の杖にも見立てられ、一大ブームになりました。
子ども達の「つくりたい!」という意欲を大切に、色々な素材を取り入れて製作の幅が広げていきたいと考えています。

  

ページトップ