第一保育園の一日

2歳児「もも組」編 もも組の1日その1

 子どもたちは音楽が大好きです。音楽が流れるとすぐに体が自然に動き出して、体を揺らしたり、曲に合わせてポーズを取ったり、踊りだしたり、すずを持って先生が鳴らす様子を見て真似してみたり思い思いに楽しんでいるうち、それぞれのクラスのお気に入りの1曲ができました。「どんな色が好き?」「おおい、かばくん」「おばけのばけちゃん」です。その曲がイメージできる絵本やお話しも大好きで、自分の好きな物になりきって表現する様子は一人一人個性があってとても可愛いらしく微笑ましい限りです。子ども達のつぶやきから様々な素材を使って「にじ」「かば」「おばけ」も作りました。もうすぐ3歳児クラス。自分の思いややりたい事を伝えられるようになり、表現する喜びや面白さをこれからも一緒に楽しんでいきたいと思います。

もも組の1日その1

 みんなの顔が見られるようまるくなってサークルタイム。名前を呼ぶとみんな笑顔で「はーい。」と返事をしてくれます。「今日は何して遊ぼうか?」「○○してみよう。」などと会話がはずみ ます。自分の思いを言えるようになってきました。
 ある日、プランターに植えてある球根から芽が出ていることを聞いたももさん。さっそく園庭に出て見にいきました。見つけた芽を友だちにも知らせ、一緒に見ています。また園庭でしっぽをつけた先生を見つけ走り出し、それをまた別の子が追いかけていきます。しっぽを捕ったり捕られたり、笑顔いっぱいです。「むっくりくまさん」の集団遊びもお気に入りです。眠っているくまさんがいつ起きるかドキドキしながら待ち、「わおー!」の合図で食べられないようにすばやく走りだします。今まではそれぞれが好きな遊びをしていましたが、ルールのある遊びを友達と一緒にやる楽しさがわかり、集まってきてくれるようになりました。これからも体をたくさん動かしながら友だちとの関わりをたくさんもてるようにしていきたいと思います。

  

ページトップ
令和3年夏