第一保育園の一日

0歳児「ひよこ組」編 ひよこ組の1日その1

 10月に入り過ごしやすい気候になりました。落ち葉を集めて園庭に置いてみると・・・「なんだろう?」と興味をもって子ども達が集まってきました。『カサカサ』『ガサガサ』『パキパキ』触るといろいろな音が聞こえます。「おもしろいな~」と座り込んで遊ぶ姿も見られました。友達の遊ぶ様子を見て「さわってみようかな。」と遊びに加わる子もいて、秋の自然に触れながらひよこ組も友達と遊びの輪が広がっていきました。また、落ち葉をひろったひよこさんが手に持ちじーっと見つめてから、上を見ています。手に持った落ち葉をかざして何を感じているのでしょう。とても素敵だな、と思わずシャッターを押し、一緒に感じたくてそばについていました。ゆったりほっこり、時間が流れました。

ひよこ組の1日その21

 ハイハイからつかまり立ちへ、つかまり立ちから一歩、もう一歩と日々成長しているひよこさん。秋になりどの子もますます活発に動くようになりました。友達がプラカーで遊びだすと「ぼくも!」「わたしもやる~」と集まってきます。月齢の低い子もちゃんと見ていて、「ぼくも やってみたい!」と意欲的な姿も見られます。大きい子たちを真似て挑戦しようとする姿をさりげなくそっと支えます。「よいしょ」「たのしいね♪」と共感し、子どもも保育士もにっこりです。

  

ページトップ