第一保育園の一日

1歳児「あか組」編 あか組の1日その1

 あか組になって5か月。毎日の簡単な身の回りのことを自分でやろうと取り組んでいます。保育士が声をかけると「じぶんでできる!」とやる気満々です。上手く出来ないことも、友達の真似をしてみたり、力いっぱい、顔を真っ赤にして頑張っています。そんな時、保育士はそーっとさりげなくお手伝い。できた時には「できたーー!!」と大喜びで知らせてくれます。少しずつできることが増えて、自信ややる気に繋がっていきます。

あか組の1日その2

 夏の暑い日は保育室前のテラスで温水遊びを楽しみました。はじめは、おそるおそるたらいの温水に触れていた子ども達も、少しずつ楽しさを味わい慣れていきました。じょうろやひしゃくなど好きなおもちゃを選んだり、自分の体に温水をかけたりと遊ぶようになりました。また、ペットボトルやアイスクリームの容器も子ども達にとっては素敵なおもちゃ。重ねてみたり並べてみたり、友だちと言葉はなくても「どうぞ」とやり取りしています。どんどん遊びが広がりました。

 

  

ページトップ