第一保育園の一日

4歳児「き組」編 き組の1日その1

 これまでの経験から、子ども達が物語を作って劇遊びをしたり、絵本をもとにイメージを膨らませ劇あそびを楽しむ姿が見られるようになりました。自分の思いを描き、遊びに取り入れたり、衣装を着て役になりきったりすることで、遊びの幅がどんどん広がっています。「次は犬をやろうかな?」「猫の役、変わってあげるよ!」「もう一回、同じものをやりたいな!」と友達と相談しながら、遊ぶことができるようになってきました。

き組の1日その2

 ノリタケの森は秋の自然探しに夢中になれる公園です。「見て、大きな葉っぱ」「赤ちゃんどんぐりかわいい」「何の実?」と嬉しそうに、落ち葉・どんぐりなどを拾い大事に園に持ち帰ってきました。そして、集めてきたものを使って製作遊び。どんぐりを並べ、顔を作ったり、落ち葉を画用紙に貼ったり。画用紙に貼る時には、「ザラザラしている」「ギザギザになっている」と様々な事に気付き、発見したことを嬉しそうに友達と伝え合いながら製作遊びを行っていました。

き組の1日その2

 みんなで一つのゲームをする面白さを実感でき、友達との関わりが深まっています。戸外遊びでは、氷鬼や転がしドッジボール。室内遊びでは、風船を使って爆弾落としゲームや椅子取りゲームなどで盛り上がって遊んでいます。どの遊びも、はじめはルールが分からず誰がおに役で、誰が逃げる役なのかわからず???でしたが、ルールがわかると楽しさ倍増です。「今日は負けないぞ!」「よーし!ボール当てられないようにするぞ!」と勝つことの楽しさ、負けることの悔しさや、友達に助けられたり、助けたりする喜びをたくさん経験できるといいなと思っています。

  

ページトップ